会社概要|Company Overview

JOTの歴史

1946年  3月 国産原油の輸送を主たる業務とする「日本原油輸送株式会社」(資本金500万円、東京都淀橋区角筈2丁目93番地)を設立。
1946年  4月 北海道、新潟、秋田に出張所を設置。
1946年  6月 東京都千代田区丸の内三丁目10番地に本店移転。
1948年  1月 社名を「日本石油運送株式会社」に改称。
1949年  2月 大阪出張所(現在の関西支店)を設置。
1949年  3月 東京都千代田区紀尾井町3番地16号に本店移転。
1949年  4月 名古屋出張所(現在の中部支店)を設置。
1952年  4月 横浜出張所(現在の関東支店)を設置。
1957年  6月 社名を現在の「日本石油輸送株式会社」に改称。
1957年 11月 有限会社丸の内保険代理店(現商号:株式会社ニチユ)を設立。(現非連結子会社)
1958年  2月 東京都千代田区丸の内ニ丁目18番地(現在のニ丁目2番2号)に本店移転。
1958年  6月 化成品の鉄道タンク車輸送を開始。
1961年  2月 東北石油輸送株式会社(現商号 株式会社エネックス)を設立し、秋田県における自動車輸送事業を分離。
1962年  2月 近畿石油輸送株式会社を設立し、中京、阪神地区の一部の自動車輸送事業を分離。(現連結子会社)
1964年  4月 仙台出張所(現在の東北支店)を設置。
関東石油輸送株式会社(現商号 株式会社エネックス)を設立し、京浜地区の自動車輸送事業を分離。
関西石油輸送株式会社(現商号 株式会社エネックス)を設立し、中京、阪神地区の一部の自動車輸送事業を分離。
1967年  4月 東京証券取引所市場第二部に株式上場。
福岡出張所(現在の九州支店)を設置。
1968年  2月 化成品部を設置。
1971年  4月 札幌石油輸送株式会社(現商号 株式会社エネックス)を設立し、札幌地区の自動車輸送事業を分離。
1972年 10月 川崎洗浄基地(現在のメンテナンスセンター)を設置。
1978年  3月 成田空港向けジェット燃料輸送開始。(1983年8月輸送終了)
1978年  9月 東京証券取引所市場第一部に株式上場。
1984年  3月 コンテナ部を設置。
1985年  3月 レンタルコンテナの営業を開始。
1998年  7月 子会社・札幌石油輸送株式会社、東北石油輸送株式会社、関東石油輸送株式会社および関西石油輸送株式会社の4社が関東石油輸送株式会社を存続会社として合併、株式会社エネックスに商号変更。(現連結子会社)
2000年  3月 日本初のLNGコンテナの鉄道輸送を開始。
2001年  9月 株式会社ニチユを当社100%子会社化。(現非連結子会社)
2002年 12月 東京都品川区大崎一丁目11番1号に本店移転。
2003年  3月 東海ツバメサービス株式会社は、株式会社ニュージェイズに商号変更。(現連結子会社)
2004年  4月 共栄企業株式会社(現商号 株式会社JKトランス)を当社100%子会社化。(現連結子会社)
グループ環境安全室(現グループ安全推進部)を設置。
2004年 10月 株式会社極液(現商号 株式会社エネックス)を当社100%子会社化。
2005年  4月 コールドガス・キャリアー株式会社(現商号 株式会社エネックス)を当社100%子会社化。
2005年  7月 株式会社極液とコールドガス・キャリアー株式会社を株式会社エネックスに吸収合併。
2006年  4月 東日本液体物流株式会社(現商号 株式会社エネックス)を当社100%子会社化。
2008年  4月 内部監査室を設置。LNG部を設置。
2013年  4月 海外事業室を設置。
2013年 10月 日本、中国、韓国、台湾の4地域間にてISOタンクコンテナの国際Oneway輸送を開始。
2013年 12月 日秋興業株式会社を株式会社エネックスに吸収合併。
2015年  4月 海外事業室を海外事業部に改組。
シンガポールに駐在員事務所を設置。
2018年  1月 シンガポール駐在員事務所をシンガポール支店に改組。
2019年 10月 東京液体運輸株式会社を株式会社エネックスに吸収合併。
2021年  4月 経営企画室を設置。資産運用部を設置。
2021年  7月 事業部(石油輸送事業部、高圧ガス輸送事業部、化成品・コンテナ輸送事業部)の導入。

PAGE TOP