石油を運ぶ

鉄道タンク車輸送No.1の実績と自動車輸送の機動力をフルに活かして、燃料油の安定供給に力強く貢献しています。

JOTの石油輸送とは

長距離・大量の輸送を、時間に正確に低コストでおこなう
鉄道タンク車輸送と、機動力があり、柔軟で便利な自動車輸送。
両者のメリットを活かし、燃料油の安定供給に貢献しています。

1946年の設立以来、JOTグループは、ガソリン、軽油、灯油といった燃料油の鉄道タンク輸送の歴史とともに歩んできました。また、鉄道と併せて、より機動力のある輸送の実現のために、自動車輸送事業も早くから展開してきました。

これからも、鉄道輸送と自動車輸送、それぞれのメリットを活かし、安全であることを第一に、環境にも配慮しつつ、産業と暮らしを支えるという使命を果たしてまいります。

安全教育

60年の豊富な経験に基づくメンテナンス技術と
ドライバー教育で「安全第一」を実践。

自動車輸送は、設立間もない1948年にスタートし、燃料油の輸送に加えて、燃料ターミナルの管理・運営もお引き受けしています。公道を走る「お客様の顔」として、「安全第一」を最優先に業務を遂行。使用車両は安全面に対する機器の設置はもちろん、JOTグループ内で徹底したメンテナンスを行っているほか、ドライバーに対しては、ドライブマナー、事故の際の救助活動を率先して行うための救命知識といった、模範ドライバー教育も実施しています。

環境にやさしい鉄道輸送

鉄道輸送を効果的に活用することで環境負荷の低減を図ります。

貨物の輸送を考えたとき、鉄道は他の輸送機関と比べ、大変環境にやさしいといえます。貨物輸送機関別の二酸化炭素排出原単位(g‐CO2/トン・キロ)を使ってあらわすと、自家用貨物車 854、営業用貨物車 205、船舶41に対して、鉄道は25です。

現代の石油輸送において自動車輸送は欠かせませんが、鉄道輸送を効果的に組み入れることで、環境に配慮した輸送が実現できます。

エコレールマークについて
エコレールマークとは、環境にやさしい鉄道貨物輸送に取り組んでいる企業や商品であると認定された場合に、その商品やカタログ等に付けられる環境ラベルのことです。当社は、エコレールマーク認定企業や商品の輸送にかかわる「エコレールマーク協賛企業」として、エコレールマークの普及をお手伝いしています。

技術開発

より大量に、より経済的に、よりスピーディに。
鉄道タンク車輸送のリーディングカンパニーとして
タンク車の大型化・高速化を牽引

より大量に、より経済的に、よりスピーディに。燃料油輸送に対するニーズに応え、JOTでは、タンク車の開発と増備に努めてきました。1966年に35トン積タンク車を当時の国鉄と共同開発して以来、大型化・高速化を推進。当時のタンク車は最高速度が75kmと高速化の障壁となっていたため、タンク車初の高速貨車として1993年にタキ1000形式がデビュー。45トン積で最高時速95km走行が可能で、現在も、タンク車の主力として活躍しています。

ライフラインを守る

東日本大震災後、
深刻な燃料不足に見舞われた東北地域を支援するため、
復興用燃料の輸送に尽力しました。

東日本大震災でのライフライン確保 〜被災地に燃料を〜
東日本大震災後、深刻な燃料不足に見舞われた東北地方のライフラインを確保するため、鉄道輸送は発生1週間後には、関東地区から、秋田・青森を経由して盛岡へ。また、新潟を経由して郡山までの臨時石油列車を運転しました。一方、タンクローリー輸送は、新潟・秋田地区から東北地方の太平洋側に向けて応援輸送を行いました。

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、下記電話番号・お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

日本石油輸送株式会社 石油部
〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番1号(ゲートシティ大崎 ウエストタワー16階)
TEL:03-5496-7678 / FAX:03-5496-7856

PAGE TOP